木原さんの語るビルメンテナンス事業部の仕事

ビルメンテナンス事業部 木原 雄平 

松山大学

2010年入社

 

 ■シナジーに入社したキッカケ 

 学生時代にアルバイトで来ていたこともあり、社風を知っていたことが一番の理由です。
 健康的で明るい社風が学生時代から魅力的に感じていたので、就職活動の時に候補の1社として面接をしてもらいました。ただ、面接のときにアルバイトのときに見ていた景色とまるっきり違う仕事への熱量の差に驚きました。アルバイトの頃は非常に守られていたなぁと実感します。

■今やってる業務内容とやりがいや醍醐味

 ビルメンテナンス事業部に所属していますが、現在取り組んでいるのはお客様のビル運用に伴う電気代や水道代、ごみ処分の費用削減の提案などを行っています。工事などにも立ち会ったり、一部自分たちで施工もしています。
 自分が提案したコスト削減プランがお客様のメリットになるような提案を考えること。しかもそれが中長期的に見て嘘にならない提案を日々考えています。

 シナジーはベンチャー企業らしい意思決定から行動までの速さに改めて驚きました。自分のアイディアや考えを遮るものが無く、「言わなきゃ損/やらなきゃ損」な会社で す。やりたい事に挑戦可能な環境であるとともに、責任も問われる良い意味での緊張感と達成感を味わっています。お客様の利益のためにひとより一歩先を行 く、あるいは別角度の知識が必要で様々なことを学び、経験すること、そしてその都度分析判断していくことの大切さを強く感じてます。

 

■入社して一番嬉しかったこと

 お客様から削減プランに関して興味を示して頂いたり、ご依頼を頂けることは本当にうれしいことです。

 

■一番の失敗談(そこから学んだこと)

 現在は良い製品が多数あり、上手に組み合わせることで今までにないくらいの省エネでビルを運用することができますので、提案にご納得いただけない場合は自分の提案力が原因ではないかと悩みます。 

 それで学んだことは、お客様の事情が最優先でなければならないということでした。魅力的なサービスであったとしても、お客様にはそれぞれ理由があり導入できないタイミングもあるので、そういうときはお客様との会話を楽しむように考え方を変えました。


■今後の仕事での目標と将来の夢

 今は基本的に仕事は何でもやっていて楽しいですし、常に楽しい仕事ができる環境に自分自身がいられるように、やりたい仕事を引き寄せるようにしています。

 今後の目標は自分の役割や貢献について自信を持って語り、周囲のビジネス・パーソンに対して刺激を与えられるようになりたいと思っています。そのためにも、アイデアや方法論だけでなく、自分の力で数字を築き上げたり、事業を運営したりできる実行力を充実させていきたいです。